毛染めで肌が炎症?

毛染めをする時には、アレルギー体質の人などはとくに注意をしなければいけません。
天然由来の成分を使用している染毛剤でも、明るい色を出したりするために化学染料を配合しているケースも多くあります。
頭皮のただれや、皮膚のかぶれなどの症状がありますが、ショック症状による呼吸困難や急性気管支喘息のような重篤な症状を引き起こす可能性もあります。
あるいは、子供の髪の毛を化学染料で染めたことで、その子の腎機能が低下したといったケースや、髪の毛が抜け落ちてしまったという症例もあるのです。
そのことから考えると、やはり小さな子供の毛染めは避けたほうがいいのです。
白髪染め比較ランキング!口コミおすすめトリートメントは?